メリットとデメリット

リサイクルトナーの導入が、自業への悪影響が懸念されず、確かな経費削減効果に繋がると判断出来るか否かに関しては、同製品が有するデメリットを冷静に検証する作業が欠かせません。まずはリサイクルトナーと切り離せぬ「印刷画像の質が悪い」「仕上がりが安定しない」との評判です。仮に社内での情報確認目的でプリントアウトする書面であれば、印刷された内容が正しく確認出来れば、特に画質が問われる事は無いと判断出来ます。再生紙のコピー用紙を用いるなどと合わせ、リサイクルトナーを用いた経費節減効果が確実に期待出来ます。

対して取引先や顧客に納品する印刷物となれば、画質の低下は自社にとって大きなマイナスです。経費削減最優先が結果、自社の対外的な印象度全体をダウンさせてしまっては本末転倒です。こうした場合には「価格より質を優先」なる判断が適正であり、リサイクルトナー導入以外の方法での経費削減を進めるべきでしょう。また装着から使用を続けるに際し、機械本体の故障のリスクが高まる点に関しても、万一故障すれば日々の業務自体に大きな影響が懸念される業務内容であれば、安全優先の判断が求められるのも事実です。但し純正品の使用に於いても故障に繋がる可能性はゼロとは言えず、有事の次の一手を視野に入れての最終判断が求められます。

要注目のリサイクルトナー

リサイクルトナーなる存在に関しては、既にかなり以前からそのメリットとデメリットも数多く囁かれており、肯定派と否定派の意見が明確に分かれる消耗品の代表格と言えるでしょう。ちなみにこの製品を補足説明すると、純正の使用隅のトナーの外装を分解洗浄から、コストを抑えたトナーを再度中身に詰めて再出荷するリサイクル製品であり、カートリッジのみが純正品と同一規格のため、該当機種への装着が可能な商品です。

純正品と比較して市場流通価格が安く、専門のネットショップや大手量販店などを中心に、着実に売り上げを伸ばしており、特に大量に使用する業種の方々にとっては嬉しい存在です。一方で純正品ではない格安トナーの品質に疑問の声が存在するのも事実で、目詰まりなどのトラフル、印刷物の画質が悪く不均一など、業務上の別のリスクが指摘されているのも事実です。こうしたリサイクルトナーに対する警鐘を、各メーカーの販売戦略と市場確保の意図に基づく情報操作と受け取るのか否か、エンドユーザーに判断が委ねられる部分も見過せません。

純正品と比較しての価格面のメリットと、品質面で囁かれるデメリットが背中合わせとなるのは、トナーに限った話ではありません。選択に際しては双方の特性を正しく理解から、総合的な視点からの判断が求められます。

ポイントは消耗品

幅広い業種の現場に欠かせぬ存在として、コピー用紙やパソコン用プリンタなど、印刷作業を担う機器が見過ごせぬ社会環境になって久しく、それらの使用頻度は着実に右肩上がりを見せ続けています。機械類に関してはレンタルもしくは激しい使用からの劣化に伴い、定期的に新たに買い替えての減価償却の対象となりますが、消耗品に関しては実費を負担して調達し続けねばなりません。

日々大量に使用し続けるこうした消耗品に関しては、大切な会社の経費を充当して調達している事実に対する意識が、どうしても希薄になりがちです。たとえば自宅で自分のお金で購入したボールペンであれば、1本を最後まで大切に使い切る姿勢を自然と実践しつつ、職場では次々と新しい1本を下ろし、気づけば机の中がボールペンだらけという展開が少なくありません。

これがインクトナーのように常にセットされて使用可能な状態が当然であり、加えて普段目につかぬ存在の消耗品であれば、実際に現地で使用するスタッフが、こうした経費節減を頭から外してしまう傾向がより一層否めません。だからこそ企業としては社員全員への意識改革の徹底と同時進行で、消耗品を業務に支障なく、より安価で調達する努力を続けなければなりません。同じ消耗品の調達価格が1円違えば、長い年月の累計は大きく異なる「基本的な事実」が見過ごせません。

経費削減を考察する

合法的な利潤追求すなわち営利目的の企業である以上、売上や利益率向上の追求と同時進行で、経費削減すなわちコストカットもまた、断じて無視出来ぬ重要課題です。特に一定規模以上の組織となれば、従業員1人1人の経費削減に対する意識にバラつきが生じてしまう傾向が否めないのも事実です。それらは中小企業の経営者であれば眉間に深い皺を刻んでしまうような「無駄」「無意味な浪費」と映る勤務習慣が見られるケースもゼロとは言えず、こうした習慣が積もり続け、組織に与えるデメリットは計り知れません。

こうした悪しき傾向を組織として未然に防ぐ対策の一環として、現場で使用する消耗品類をどれだけ安価に確保するのか、すなわち消耗品費自体の「切り詰め」が挙げられます。但しそれらのアイテムの費用抑制が業務自体に悪影響を及ぼしてはならず、各々の選択作業が重要なポイントとなります。いわゆる舞台裏で日々消費し続ける製品だからこそ、対外的なマイナスイメージを含めたデメリットが懸念されぬ形での調達が求められるのです。

ここではそうした場面でぜひ視野に入れていただきたい、リサイクルトナーを活用しての経費削減に視線を合わせ、みなさんと一緒にメリットとデメリット双方の検証作業を進めてみたいと思います。純正製品と比較して格安である、確かな金銭面のメリットの裏側に、果たして見過ごせぬデメリットが存在しているのかなど、更に1歩踏み込んで確認から、より確実な経費削減に活かしていただければ幸いです。