メリットとデメリット

リサイクルトナーの導入が、自業への悪影響が懸念されず、確かな経費削減効果に繋がると判断出来るか否かに関しては、同製品が有するデメリットを冷静に検証する作業が欠かせません。まずはリサイクルトナーと切り離せぬ「印刷画像の質が悪い」「仕上がりが安定しない」との評判です。仮に社内での情報確認目的でプリントアウトする書面であれば、印刷された内容が正しく確認出来れば、特に画質が問われる事は無いと判断出来ます。再生紙のコピー用紙を用いるなどと合わせ、リサイクルトナーを用いた経費節減効果が確実に期待出来ます。

対して取引先や顧客に納品する印刷物となれば、画質の低下は自社にとって大きなマイナスです。経費削減最優先が結果、自社の対外的な印象度全体をダウンさせてしまっては本末転倒です。こうした場合には「価格より質を優先」なる判断が適正であり、リサイクルトナー導入以外の方法での経費削減を進めるべきでしょう。また装着から使用を続けるに際し、機械本体の故障のリスクが高まる点に関しても、万一故障すれば日々の業務自体に大きな影響が懸念される業務内容であれば、安全優先の判断が求められるのも事実です。但し純正品の使用に於いても故障に繋がる可能性はゼロとは言えず、有事の次の一手を視野に入れての最終判断が求められます。